スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<中川順さん>7月5日にお別れの会 元民放連会長(毎日新聞)

 中川順さんのお別れの会=元テレビ東京社長、元日本民間放送連盟会長・5月22日死去=7月5日正午、東京都港区虎ノ門2の10の4のホテルオークラ東京。お別れの会委員長は島田昌幸・同社社長。喪主は妻節(みさお)さん。

成人にも広がる百日ぜき、対処法は?(医療介護CBニュース)
国家公安委員長が秋葉原視察=無差別殺傷事件現場で献花―東京(時事通信)
「ギャルの友達にも伝えます」=柳原可奈子さん振り込め撲滅訴え―警視庁(時事通信)
<感電>変電所で生徒2人が負傷 岡山・玉野(毎日新聞)
医療関係者から薬品調達=国内外から入手か―覚せい剤密造・警視庁(時事通信)
スポンサーサイト

民主党代表選告示、立候補受け付け始まる(読売新聞)

 鳩山首相の退陣表明を受けた民主党代表選が4日告示され、午前9時から党本部で立候補の受け付けが始まった。

 同11時から国会内で両院議員総会を開き、党所属国会議員423人(衆院307人、参院116人)による投票で新代表を選出する。

きん枝ピンチ!参院選は天神祭の日やで(スポーツ報知)
旅先で野球拳「私的な席とはいえ…」町長陳謝(読売新聞)
中学で窓ガラス割られ花壇も荒らされる 兵庫・姫路(産経新聞)
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上(産経新聞)
東京スカイツリー 第1展望台工事本格化 高さ398Mに(毎日新聞)

<クマ襲撃>山菜採りの男性死亡 北海道むかわ(毎日新聞)

 22日午後2時半ごろ、北海道むかわ町穂別仁和の山林で、男性が倒れて死亡しているのを、近所の住民が発見した。道警苫小牧署の調べでは、男性の胸や顔につめ跡のような鋭い傷があり、クマに襲われたとみている。

 同署によると、近くに住む男性(70)が同日午前9時ごろ、「山菜採りに行く」と出掛けたまま戻っておらず、死亡したのはこの男性とみて身元を確認している。付近では数日前からクマの目撃情報があったという。【斎藤誠】

【関連ニュース】
クマ:出没注意!! 甲府市北部で目撃相次ぐ /山梨
クマ:山菜採りの男性、襲われ重傷--河北 /山形
クマ:行楽や山菜採りシーズン、注意呼びかけ ラジオなど音の出るもの携行を /山形
クマ:2人襲われ軽傷--大仙、美郷 /秋田
クマ:水田に 鳥取で1頭目撃 /鳥取

<三井造船>肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁(毎日新聞)
時代劇の撮影できる? 町家の楽しみ(産経新聞)
鳩山首相、移設に協力してくれる県は手を挙げて!(スポーツ報知)
<口蹄疫>消毒マット 品薄に 一般からの需要も(毎日新聞)
北朝鮮関係船舶の検査可能に=貨物検査特措法が成立(時事通信)

次にブレークするB級グルメ「高槻うどんギョーザ」(産経新聞)

 日本各地で、ご当地グルメが話題となる中、大阪府高槻市でも、粉(こな)もん料理のひとつ「高槻うどんギョーザ」の人気が急上昇している。市民による本格的なブランド展開からわずか2年で、府が地域の魅力を発信する「大阪ミュージアム構想」に登録されるなど注目を集めている。

[関連フォト]これが東北一のB級グルメだ!

 市民有志でつくる「高槻うどんギョーザの会」の会長、栫廣美(かこい・ひろみ)さん(61)によると、高槻うどんギョーザは、ギョーザの具に細かく刻んだうどんを混ぜてお好み焼き風に焼いたシンプルな料理。地元では安くて簡単に作れる上においしいと、30年以上前から一部地域の家庭料理として食べられていた「B級グルメ」だった。

 栫さんらが「高槻に来た人にアピールできる名物にしよう」として、この料理に目を付けた。平成20年6月に会を立ち上げて普及活動をはじめたが、市内でも認知度は低く、メニューとして出す飲食店もなかったという。翌年1月に市のブランド推進会議で高槻ブランドに登録されたが、「当初、会議出席者のほとんどが食べた経験がなかった」と栫さんは笑う。

 その後、日本女子サッカーリーグ「スペランツァFC高槻」のイベントで料理を提供したことなどをきっかけに、その味が口コミで広がりはじめ、今では市内イベントの定番に成長。会のメンバーは京阪神のデパートやイベント、小学校の料理教室に毎週のように出張して味を伝授しており、栫さんは「秋ごろまで休む暇がないかも」と忙しい日々。市内でもメニューに採用する飲食店が増えた。

 栫さんは「依頼があればどこでも行く。簡単に作れる粉もんとして家庭料理の定番として広まり、同時に高槻の名前も知ってもらえば」と話している。

【関連記事】
「いかにんじん」からB級グルメを 福島・関口由香里アナもイチオシ
食ってみた「1万円ラーメン」! ついに明かされたそのスープの秘密
サークルKサンクス、全国ご当地グルメ弁当を8日から地域限定発売
時代が必要とした即席麺、時間も手間も商品化
サラリーマン“牛丼放浪記” 格安戦争、実際のお味は?
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

【風】産む幸せ、産まない選択(産経新聞)
鈴木宗男氏 北方領土交渉は「空白の10年」 露で講演(毎日新聞)
官房長官、12日鹿児島入り=徳之島関係者と会談-普天間(時事通信)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
雑記帳 「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)

舛添2ショットポスター慌てて回収 参院選の自民予定候補「無責任だ…」(産経新聞)

 自民党本部に舛添要一前厚生労働相が離党届を提出したことを受け、今夏の参院選奈良選挙区(改選数1)に同党公認で立候補を予定している元団体職員の新人、山田衆三氏(34)陣営が22日、党1区支部内に配布していた舛添氏との2ショットポスターの回収作業を始めたことが分かった。

 山田氏の事務所によると、回収するのは、舛添、山田両氏が登壇する演説会を告知する「弁士型ポスター」500枚。弁士型ポスターは立候補予定者が選挙前に顔と名前をPRできる数少ない手段で、陣営は新たな弁士ポスターを製作するという。

 山田氏は「舛添氏の離党はショックだが、党を混乱させ無責任に思う。党公認候補として、党が国民に信頼されるよう全力を尽くしたい」と話していた。

 参院選奈良選挙区では、山田氏のほか民主党の現職、前川清成(47)▽共産党の新人で大和高田市議の太田敦(38)▽幸福実現党の新人で団体役員の栗岡真由美(50)-の3氏が立候補予定。

【関連記事】
舛添氏 離党届提出 きょう「新党改革」結成
矢野氏「舛添さんを支えたい」 参院選出馬に含み 栃木
舛添新党、その名は「新党改革」 自民に離党届提出
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」
舛添新党との連携、橋下知事が否定
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

新たなヒト幹細胞開発=神経、筋肉、肝臓に変化-安全な再生医療期待・東北大と京大(時事通信)
鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対-地元町長(時事通信)
来月15日、鹿児島入り=徳之島案実現へ検討-鳩山首相(時事通信)
市長室のガラス扉紙で覆う…阿久根市長指示(読売新聞)
ラブホテルに強盗 従業員刺し6万奪う 東京・豊島区(産経新聞)
プロフィール

さがとしはるさん

Author:さがとしはるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。